アコムの現状について

TVCMでお馴染みのアコムは、三菱東京UFJ銀行グループ傘下の消費者金融会社です。
従って、貸金業法の適用を受け税込み年収の3分の1以上の貸出しはできません。
もともと大手消費者金融の一角を占めている会社でしたが、貸金業法改正以降は過払い金返還請求などにより経営難に陥り、他のほとんどの大手消費者金融同様に大手都市銀行傘下となり、資金力が安定するとともに息を吹き返しました。
最近では、親会社グループのカードローンの保証会社としての役割を果たしたり、ノウハウを提供したりと個人ローン部門では重要なポジションを占めています。
アコムの申込み条件は、20歳以上の安定した収入のある方となり、派遣社員でもアルバイトの方でも申込めますが、収入のない専業主婦の申込みについては受付けていません。
専業主婦については、三菱東京UFJ銀行グループのバンクイックで受け付けています。


~経営面が安定~

もともと消費者金融としても利便性の高い商品を提供していたアコムですが、銀行のバックアップもあって経営面が安定するとますます利便性が高まり、消費者金融系でもトップクラスのサービスを提供しています。
昔から定評のあった審査時間の短さはもちろん、即日融資、web申込み、24時間365日の振込サービス、業界トップクラスの提携先ATM数、むじんくんで有名な自動契約機数、さらに最近では無利息サービスまで提供しています。


~金利については他消費者金融と同様の高金利~

利便性については最高レベルですが、金利については他消費者金融と同様の高金利となり、銀行カードローンと比べると見劣りしてしまいます。
また、最近人気のおまとめローン、借り換えローンも提供していますが、最高金利が18%と高金利のため、利用者にとってはさほど魅力のある商品とはなっていません。
アコムでの借入は、ATMか振込サービスを利用できます。
ATMの場合は、メンテナンスを除くと基本的には24時間利用できます。
ただし、自社ATM利用については無料で利用できますが、提携先ATMについては手数料がかかります。
振込サービスについては、アコムのHPや電話で申し込めますので、いつでもどこからでも申込み可能で振込手数料もかかりません。
また、楽天銀行を振込み先に指定すると24時間365日リアルタイムで振込んでもらえます。
他銀行を指定する場合には、平日14時までに振込申請をすると当日中に振込まれます。時間を過ぎると翌営業日対応となりますので注意が必要です。