大阪の消費者金融フクホーの特徴は返済方式

~設立が1970年~

大阪市に本社のあるフクホーは設立が1970年であり、大手消費者金融に負けないだけの業歴があります。
販売商品は一般的な「フリーキャッシング」と借換え専用の「借換えローン」の2種類です。なお、フリーキャッシングの場合、新規申込における利用限度額は50万円以内に限定されます。


~中堅の消費者金融~

両商品とも貸出限度額は200万円で、金利が7.3%~20.0%になっており、中堅の消費者金融ではありふれた内容ですが、フクホーの大きな特徴が返済方式にあります。
一般的な元金と利息の額を一定にして支払っていく元利均等返済方式の他に、「元金自由返済方式」というものがあります。


~元金自由返済方式~

元金自由返済方式というのは簡単に言うと、毎月定期的に支払うのは利息だけで、元金は可能な範囲で支払っていく、というものです。
元金の返済を自由に決められるため、出費がかさんで返済の苦しい時には非常に便利です。
ただし、返済に関する管理を徹底し、返済意識を強く持っていないと、利息の支払いだけが先行し、最終的には金利以上の高額な利息を取られる羽目に陥ります。


~契約書類~

なお、フクホーにはもう1つの特徴として契約書類があります。
フリーキャッシングへの申込手続きはホームページの専用フォームから行いますが、審査に通った後に契約書類を送らないと借入ができません。
その契約書類はフクホーから郵送してもらわなくても、セブンイレブンのマルチコピー機から取り出すことができるようになっています。
その分、手続きに掛かる日数を早めることができます。