いつの間にか多重債務者にならないよう

拙者がキャッシング侍なり。
貴殿に多重債務に陥らないでキャッシングと付き合えるコツを伝授するでござる。


~意外に使われているキャッシング~

貴殿のまわりにキャッシングをしている人間の顔が何人思い浮かぶかな?
あまり、思い浮かばないであろう。
なぜなら、キャッシングをしていることを公開しないであるからでござる。
しかし、貴殿の周りにも、キャッシングを利用している者は多く存在するでござる。
多重債務のどうしようもない状態にいる者は身近にはあまりいないかもしれぬが、給料日までのつなぎに使ったり、転職などの際に一時的に使ったり、どうしても欲しいものがあり、ボーナスまで待てなかったりと、理由は様々でござる。
なので、キャッシングそのものをあまりネガティブに考える必要は決してございませぬぞ。


~多重債務に陥らないコツ~

だからと言って、それこそ自分のATMから引き出す感覚でキャッシングを繰り返すと、気づくと多重債務状態になることがあるのじゃ。
それはカードローンの限度額がいっぱいになってしまった場合に、別のカードローンに手を出すと陥るであろう。
日頃、無駄遣いをあまりしないから拙者は大丈夫だと思っている輩も要注意でござる。
急な体調不良で、一定期間が仕事ができなくってしまう場合など、きっかけはいくらでも存在するのでござる。
では、どうすれば多重債務状態に陥らないかというと、ひとつには無暗に借りないことじゃ。
必要な時は、利用をする。不必要な時は余計に借りない。
実にシンプルじゃが、最大の対策でござる。
他にも多重債務に陥らない、コツというものが存在するのである。
それは、返済手帳をつけることじゃ。
出来れば、自分で利息を計算することで、なんとも無駄な経費を払っているということを改めて何度も認識することじゃ。
さすれば、無駄を減らそうと、借入を必要最低限に留めることが可能となるのじゃ。


そう、拙者こそが天下無双のキャッシング侍。
また、つまらぬ物を説いてしまった。