キャッシングの特徴と注意点

お金はいつどんな時に必要になるかわからないので、できれば日ごろからたくわえをしておくことが大事です。
しかし、ギリギリで生活している人などは、貯金をすることはとても難しいです。
どうしてもお金が必要な場合は、金融機関からキャッシングがおすすめです。
キャッシングできるカードを一枚持っているだけで、夜中や祝日でもコンビニのATMからお金を借りれるので、とても便利です。
キャッシングの申し込みは、わざわざ店頭まで行かなくても、インターネットや自動契約機で申し込めるので気軽に申し込めます。
フリーローンや低金利ローン、学生ローンや女性ローンなどの限定ローンもあるので、自分のニーズにあわせて申し込むといいでしょう。
金融機関をどこにするかはとても迷う所ですが、信販系は信販会社が提供していて、ポイントなどのサービスが充実しています。
銀行系は低金利で安定していますが、審査が厳しく時間がかかります。


~消費者金融系は金利が高いが審査は早い~

消費者金融系は、金利は高いですが審査が早く審査が比較的通りやすいと言われています。
急いでお金が必要な場合は、消費者金融に申し込む方がいいでしょう。
申し込む場合は、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人j確認証の提出が必要ですが、保証人や担保、印鑑などは必要ありません。
外国人の場合は、在留カードや特別永住者証明書などを提出しなければいけません。
借り入れ額が50万円以上や、希望借入額と他社との借入残高が100万円を超える場合は、源泉徴収証や確定申告書、給与明細書などに収入証明書が必要になります。
キャッシングは、どこの金融機関でも審査があります。


~必ず返済してくれるかどうかを審査する~

審査は必ず返済してくれることを審査するので、安定した収入がある人が審査に通りやすくなります。
アルバイトやパートでも、長期勤務していれば安定した収入があるとみなされるので審査に通りやすくなります。
正社員で収入が多くても、転職ばかりしていたり、勤めても半年以上たっていない場合は審査に落とされます。
過去に金融機関から支払いの遅延や滞納がある人も審査に通りにくくなります。
しかし、いくら審査に通りたいからといって、嘘の申告をしてしまうと、調べられると嘘がバレてしまい、この人は信用できない人だと思われ審査に通らなくなります。
キャッシング審査には、勤務先へ在籍確認というものがあります。
電話は金融機関の会社名は名乗らず、個人名を名乗るので廻りの人にキャッシングがバレることがありません。