キャッシングの10秒審査は信用できるのか

~銀行系の台頭~

キャッシングは現在さまざまな業者によって行われる物となりました。
これまでは消費者金融と言う業者がこのキャッシングという業界で活動する主な事業者でしたが、最近ではそうした在り方は大きく変容してきています。
ではどういった変化が出てきているのかと言うと、それが「銀行系」と呼ばれる業者の台頭です。
銀行を経営母体とする銀行系業者は消費者金融とは異なる「銀行法」による経営を行うこととなりますから、消費者金融よりもより柔軟に融資の審査を行うことができるのです。
そうした中、消費者金融などの古くからある業者が生き残りのためにとりいれた新たなサービスが「10秒審査」と呼ばれるものです。
これはインターネットを利用して自身の年齢や性別、収入状況などの情報を業者に送信し、機械によって審査を受けるというものになります。
キャッシングの審査と言うとそれぞれの消費者の収入や債務状況、それまでの信用情報などが確認されるのが基本ですから、一見するとこうした10秒審査に信用を置いていいのかどうかということについては疑問が残ります。


~10秒審査という名の簡易審査~

ではこれは実際のところどうなのかと言うと、「100パーセント信用ができるわけではない」ということが答えになります。
10秒審査は基本的に機械によって行われる「簡易的な審査」となりますから、その結果についてはある程度の目安にはなるものの、残念ながら間違いなく信用できる物とは言えません。
特にこうした機械審査の場合には入力する情報がかなり限られていますし、そもそも氏名や住所、電話番号などのいわゆる「基本個人情報」が明らかになっていないのであれば、信用情報を照会することもできません。
そしてキャッシングの融資判断においては信用情報の中に瑕疵が無いかどうか、信用情報を確認していく中で返済能力に疑問を持たせる要因は無いかどうかということがチェックされるのですから、そうした信用情報をチェックできない簡易審査である以上は、100%結果を保証してもらえるわけではありません。
ただしかし、この簡易審査では本来よりもかなり緩やかな基準で審査が行われることとなります。
そのためここで「融資できない恐れがあります」と出たのであれば融資を受けられない可能性がかなり高くなるというように見ることができ、最低限の「自分に融資をしてもらえる可能性があるかどうか」ということを判断する際には十分な助けとなってくれることは間違いありません。
この10秒審査に入力する情報に関しては、基本的には個人を特定する用途では使用されないものとなりますから、融資を希望する場合には気軽に利用してみるとよいでしょう。