キャッシング審査で会社に電話がかかってくる時の注意点

~いつでも借りれる~

サラリーマンの人は決まった日に給料が入ってくるので、支払いに困ることはありませんが、自営業やフリーで仕事をしている人は、いつお金が入ってくるかわからないので、支払いに困ることがあります。
日ごろからいざという時に備えて貯金をしていればいいですが、ギリギリで生活をしている人にとってはそれも難しいです。
取引先などにお金の支払いをいつまでも待ってもらうと、信用がなくなってしまい取引を中止させられることもあるので、できるだけ早くお金を工面する必要があります。
知り合いに頭を下げてまでお金を借りたくない人は、金融機関からキャッシングするのがおすすめです。
キャッシングできるカードを持っているだけで、真夜中や休日でもお金を借りれるのでとても便利です。


~ネットから申し込める~

キャッシングの申し込みは、最近は店頭まで行かなくても、インターネットや自動契約機で申し込めるので便利です。
住宅ローンみたいに、お金の使い道が決まっているわけでなく、保証人や担保もいらないので若い人から高齢者まで利用する人が多いです。
フリーローンや低金利ローン、学生ローンやレディースローンなどの限定ローンもあるので、自分のニーズにあわせて利用するといいでしょう。
金融機関選びは、金利が低い所がいいなら銀行がおすすめですが、審査が厳しく時間がかかるので、ハードルの高い審査に通る自信がなく、急いでお金が必要な人は消費者金融がおすすめです。
消費者金融も大手なら金利も低く、無利息期間などを利用すればかなり利子がお得になります。


~在籍確認~

キャッシング審査には、どの金融機関でも勤務先への在籍確認というものがあります。
これは、本当にその会社に勤務しているか会社に電話をするものなので、自分が働いている所の電話番号を記入する事が大事です。
会社に電話をするといっても、金融機関の会社名を名乗らず個人名を名乗るので、キャッシングすることが会社の人にばれることはありません。
会社に電話がかかってきた場合、そこに本人がいなくてもその勤務先に勤めていることがわかれば、在籍確認は終了となります。
本人が電話に出た場合は、在籍確認で聞かれることは、生年月日や住所などの基本的なことばかりです。
どうしても、会社に電話をかけてきてほしくない人は、社員証や給与明細書を提出することで、在籍確認の代わりにする金融機関もあります。
派遣社員の場合の在籍確認は、実際に働いている所ではなく、雇用契約を結んでいる派遣先に連絡が入ります。