勤務先への電話連絡について

~キャッシング申し込み時の勤務先への電話連絡について~

キャッシングに申し込むと必ずと言っていいほど審査が行われ、その審査の一環で勤務先へ在籍確認のための電話連絡が行われます。

貸金業者にとってはキャッシング利用者が今後働いて収入を得ることで返済していけるかを確認するために在籍確認は欠かせないことであり避けては通れません。

そもそも法律で「第3者にキャッシングの申し込みをしたことをばらしてはいけない」という旨が規定されていることからこの電話連絡では貸金業者名を名乗ることはなく、担当者名で行われるのでばれる可能性はほとんどないと言われています。

しかし「普段自分宛ての電話がないので周囲に怪しまれてしまう」などという理由で勤務先への連絡してほしくない場合もあると思います。

まず銀行のキャッシングは審査が厳しいため、在籍確認は避けては通れないと思った方がよいでしょう。

一方で消費者金融のキャッシングの場合は在籍確認をしない代わりに身分証明書、収入証明書など複数の書類を申し込み時に提出することで避けることができる可能性があるのです。

このような理由で消費者金融に申し込む場合は必ず「在籍確認をしないでほしい」ということを相談しましょう。

インターネットや無人契約機で申し込む場合も備考欄などがありますのでそこに記入することを忘れてはいけません。


~キャッシングの審査に影響する信用情報について~

信用情報とはその名の通り個人が信用に値するかどうかを表す情報のことであり、信用情報機関という業者が記録しています。
現在日本にはKSCやJICC、それからCICの3種類が存在します。
3種類あるものの、それぞれ情報の共有を行っており、どれか一つにでも記録されている情報は簡単にキャッシングを発行する企業側が調べることができます。
また、これらの情報はキャッシングのみならずあらゆるローンやクレジットカード発行の際の審査でも照会されます。

これらの情報は企業に見られたくない場合には見られないようにする手続きも可能ですが、この手続きをしてしまうとキャッシングの審査には必ず落ちてしまうことになるため、ほとんどの人は選択しません。
調べられるのは主に借り入れ履歴と支払履歴、それから貸金業者へ申し込んだ履歴と事故歴です。
事故歴というのが最も重要される情報であり、主に過去に著しく信用を損なう行為をした人が登録されます。

俗にいう「ブラック」という言葉はこの事故歴、すなわち事故情報に登録されてしまった人のことを差し、ここに登録されていた場合には審査に大きな影響を及ぼしがちです。
自分がどのような情報で登録されているか知りたい場合には信用情報機関に問い合わせることで知ることができます。