フリーターも主婦もOKのキャッシング

~フリーターも利用できるキャッシング~

消費者金融や銀行などの多くの業者が提供しているキャッシングは、事業目的での利用以外であれば自由に使用できる人気の商品です。業者ごとに商品内容は違っていますが、無担保型の少額融資であり、20歳以上で安定した収入を得ている人を対象としています。
無担保で利用できるという事から金利は高めに設定されていますが、審査時間は短くなっており即日融資が期待できます。1万円からの申し込みにも多くの商品が対応しており、少しの用事で急いで必要なケースでの利用に向いています。
キャッシングのルールは、約定返済日に遅れることなく指定の金額を返済するという事です。このために、定期収入を得ているという事が必要となります。ただし、正社員である事が必要というわけではありません。フリーターや派遣社員、事業主であっても審査に申し込む事が出来ます。
フリーターがキャッシングを利用するための条件は、ルールを守って利用するだけの返済能力を有しているという事です。借入希望額や他社借入残高が少ない場合は、運転免許証などの本人確認書類1点での申し込みが可能であり、所得を証明する書類は必要がありません。このために、収入よりもクレジットヒストリーが重要なポイントとなります。


~主婦がキャッシングに申し込む時の注意点~

主婦は何かとお金が必要なものです。節約しながらお金のやりくりをしていても、どうしてもお金が足りなくなることもあります。
そんな時は、パートやアルバイトをして少しでも家計の足しになるようにしている人もいますが、それでもお金が足りない場合は、キャッシングなどからキャッシングする人もいます。
キャッシングでキャッシングできるカードを持っていれば、夜中や休日でもお金が必要になればキャッシングできるのでとても便利です。
主婦はキャッシングに申し込めないと思っている人もいますが、パートやアルバイトでも安定した収入があれば申し込むことができます。
ただし、消費者金融などでは総量規制があるので年収の3分の1までしか借りることができません。
パートだとどうしても年収が少ないので、借りれる額も少なくなってしまいます。
安定した収入のない専業主婦は、総量規制のない銀行ではキャッシングに申し込めますが、消費者金融などでは申し込めないケースもあるのでよく確認してから申し込みましょう。
消費者金融の中には、専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば、キャッシングに申し込める所もあります。
その際、配偶者の同意書と収入証明書が必要になるので用意しておいてください。