収入とのバランスを考えてのキャッシングとは

~収入と支出のバランスを考える~

よくキャッシングをする場合の注意点としてあげられるのは、収入とのバランスを考えて計画的に行わなければならないということです。
これはいったいどういうことなのでしょうか。
たとえば、毎月の収入が20万円の人がいたとします。
では、この人は毎月、20万円までならローンの返済が出来るのかというと、それは難しいです。
というのは、20万円の中から家賃や光熱費、食費など、生活をしていく上で必要なお金を払っているからです。
なので、返済出来るのはそういったお金を除く、自由に使える分だけということになります。20万円の収入があったとしても、家族がいたりすれば、自由に使えるのは一万円ぐらいという場合も珍しくありません。
もし、そういう人が毎月10万円の返済が必要なぐらいキャッシングをしてしまったら、当然、生活費を払えなくなってしまうので、返済も出来なくなってしまうわけです。
上記のようなことを考えて、キャッシングを行う場合は毎月、どれぐらいの余裕があるのかを考えて、その余剰資金で返済出来る金額に納めるようにしましょう。


~将来の収入があるかどうかわからない状況~

また、将来の収入があるかどうかわからない状況でお金を借りるというのもよくありません。
たとえば、アルバイトの人でもクレジットカードを作ったり、消費者金融と契約することは可能ですが、アルバイトの場合、シフトによって出勤日が減らされたり、あるいは天候によって働ける日が少なくなるということがあります。
社員であれば固定給があり、一定の収入を約束されますが、アルバイトの場合はそういったものがなく、また有給制度もないので、仕事を休んでしまえば、その分の収入はありません。なので、フルに働けるということを前提にお金を借りたり、ローンを組むということは危険なのです。
もし、アルバイトの立場でお金を借りる場合は、これまでの収入の平均を出して、そこからいくら借りられるのかを計算するようにしましょう。
また、もし返済が足りなくなった場合、どこから返済金を捻出するのかをあらかじめ考えておくようにしましょう。


~千円単位で借りれる~

また、借りる場合は万単位ではなく、千単位で借りられるサービスを利用するというのもいい方法です。
というのは、借りたい金額が5000円であっても、万単位でしか借りられない場合は1万円借りることになってしまうからです。
その場合、5000円余計に借りることになってしまい、その分の利息は無駄になってしまいます。千単位で借りられればそういうことはありません。”