平成に起きたキャッシングの変化

キャッシングは、多くの金融機関が取り扱っている個人向けの少額融資の事です。
元々は、消費者金融が専門的に行っていたサービスであり、サラリーマンを主な対象として提供されていました。
その後、平成に入って以降、働き方が多様化した事に伴い、幅広い層に向けた商品へと変化しています。


~キャッシングの利用者数が増加した理由~

キャッシングの利用者数が増加したのは、自動契約機と呼ばれてる情報機器が導入された事やテレビのコマーシャルを盛んに行った事等が理由と考えられています。
これらは、いずれも平成に入ってからの事であり、やがて銀行やクレジットカード会社等の消費者金融以外の業者も参入する様になっています。


~多様化された商品~

このために、現在のキャッシングの商品内容は非常に多様です。
限度額が最高で5000万円を超える様な大型の商品も登場しており、必ずしも少額融資とは呼べなくなっています。
かっては短い期間だけ限定して使用するのがキャッシングの有効な利用法でしたが、長期的な計画にも対応できる商品も存在しています。
いろいろな目的で利用できるという事が、現在のキャッシングの魅力です。