銀行のカードローン審査は厳しいことは無い

カードローンは銀行へ申し込むと審査が厳しくて落ちやすいと思っている人が多いです。
しかし、これは間違った認識であり、むしろ金融会社の中でもかなり合格しやすい会社なので覚えておきましょう。


~銀行カードローンの審査が厳しいと思われている理由~

どうして銀行カードローンの審査が厳しいことはなく合格しやすいのかと言うと、収入証明が無くても良いカードローンがあるからです。
これを利用すると、一般的な厳しいというイメージは簡単に崩れるほどに合格が容易なので一度活用してみると良いです。
合格しやすいのは収入証明がいらないため年収を問われないからです。


~一定の限度額までの申込が対象~

基本的にこれは一定の限度額までの申込が対象ですが、その限度額が結構大きな金額であり、しかも申込対象者の幅も広いので誰もが利用できる嬉しいカードローンになっています。
年収を問われないので重要なのは在籍確認と信用、他社の借入となります。
在籍確認は勤務先を確認することが出来ると良いだけです。
信用や借金に問題がない人は本当に簡単に50万や100万ほどをカードローンから借入することが出来ます。
しかも銀行なので低金利です。ちなみに何が低金利なのかを説明しておくと、これは下限もそうですが魅力は上限利率です。


~カードローンの上限利率~

カードローンの上限利率を見ると銀行の場合は10%や15&前後など、サラ金に比べるとかなり低い水準になっています。
これだけ低い利率から上記で説明したように多くの人が簡単に合格できるカードローンになっているので、非常にお得です。