カテゴリー別アーカイブ: キャッシングを説く

アイフルのキャッシングローンを利用した体験談

~消費者金融のアイフル~

消費者金融のアイフルは、審査に柔軟に対応してくれますので、利用しやすい貸金業者になります。
貸金業者にもいろんな種類があり、銀行やアイフルのような消費者金融があります。
基本的にこの2つは対照的な関係であり、金利は高いが審査が緩いのが消費者金融であり、金利が低く審査が厳しめなのが銀行と言う関係になります。


~消費者金融で借りることができたという体験談~

どこからも借りることができなかったという人が消費者金融で借りることができたという体験談も多く、金利は高くてもいいがお金が必要なのでなんとかキャッシングローンの審査に通りたいという人には消費者金融はおすめです。
アイフルのキャッシングローンは即日に融資できる環境が整っていますので、今日中に融資をしてほしいというケースに利用することもできます。


~電話やインターネットから申込む場合~

電話やインターネットから申込む場合は、平日でしかも銀行の振込に対応している時間内にすべて完了させる必要があります。
できるなら14時までにすべて終わらせる方が良いです。
一方無人契約機の場合は、契約機が営業している時間内であれば即日融資が可能になっています。
アイフルの場合21時まで審査が可能になっており、土日祝日でも即日融資に対応することができます。
体験談でも即日融資に関して利便性が高い消費者金融として人気が高いですのでおすすめです。
貸金業者のキャッシングローンを利用する場合は、計画的にキャッシングすることが不可欠になりますので返済のことを考えた借入れをしましょう。

KC MONEY CARDの体験談を見て検討しよう

~一見どこにでもあるキャッシングローン~

KC MONEY CARDは一見どこにでもあるキャッシングローンになりますが、利用者側には大きなメリットがあります。
それはコンビニ提携先ATMを利用しても手数料が無料になり、返済は口座振替になることです。一見普通のような印象を受けますが、他の貸金業者が提供しているサービスを比較するとこの大きさもわかるでしょう。
他の貸金業者のコンビニ提携先ATMというのは、単純に利用することができますよ、という意味であり、利用手数料が無料と言う業者は少ないです。
よって返済する時も利用手数料が掛かってしまいます。返済は1度だけではなく、数回に及ぶことが多いですので、そのたびに利用手数料を取られるのは、賢い利用方法とは言えないでしょう。


~KC MONEY CARDは、口座振替になっている~

その点KC MONEY CARDは、口座振替になっていますので返済は自動的に行われ利用手数料も取られることはありません。
またちょっと給料日までに生活費が厳しいという場合でも、提携先でキャッシングしても利用手数料は取られることがあります。利用する分にはまったくお金が掛からないのがKC MONEY CARDになります。
体験談でも使い勝手が良いことが良く表れており、もちろんカードローン特有の年会費無料になっていますので、利用者側の立場に立って使い勝手が良いカードローンです。
いろんな菓子企業者がありますが、利用した人の体験談を参考になりますのでそのようなものを利用して、自分に合っているカードローンを見つけて契約をしましょう。

アイフルは便利なサービスを行っています

アイフルはCMなどの効果もあって、全国的に知名度の高い消費者金融業者となっています。
アイフルは1度事業再生のためのADRを利用している消費者金融業者ですが、現在においてはグループの再編を行うことで立てなおしを図っている金融業者となります。
利用条件としては、年齢が満20歳以上から70歳未満の人であって、定期的な収入を得ている人が借り入れのサービスを利用できるようになっています。
職業についての形態は問われることはありませんので、アルバイトや学生であっても借り入れが可能です。


~様々な申し込み方法~

アイフルのキャッシングでは店舗や自動契約機を使って申し込みをする方法の他にも、電話からの申し込みや、パソコン、スマートフォンを使うことでインターネット上から申し込みができる方法も用意されています。
電話やホームページから申し込みをする方法を選択することによって、1度も店舗に来店しなくても借り入れ契約を完了させることができます。
電話やインターネットを使って融資の依頼を行うと、アイフルから審査結果を通知するためのメールまたは電話がきます。
審査に通過できたときには、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類の提出を行うわけですが、郵送やFAX、メールを使った方法によって提出作業を行うことができます。
借り入れの限度額が50万円を超えたときには、本人確認書類に加えて源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書の提出も必要になります。
ホームページ上で借り入れの契約を完了させるか、店頭に来店することによって手続きを完了するか選択できます。


~振込かATMかも選択できる~

キャッシングの利用に関しても指定している銀行口座において振り込んでもらうのか、カードを受け取ってATMを使って融資を受けるのかを選ぶことができます。
アイフルの審査には30分から1時間程度にしかかかりませんので、申し込みをした日のうちに融資を受けることが可能です。
店舗または自動契約機において借り入れの申し込みの手続きを行ったときには、審査に必要な時間は最短で30分となっていますので、急いで資金が必要な人にとって非常に便利なサービスと言えます。
アイフルのホームページには1秒診断というコーナーが併設されていますので、キャッシング申し込み者の雇用形態や年収、年齢、他の消費者金融からの借り入れている金額などの項目において質問に答えることで、融資が可能かどうかの仮審査を受けることが可能です。
あらかじめ融資が受けられるかどうか不安な人にとって、便利なサービスですので事前に試してみるのも良いでしょう。

アコムの現状について

TVCMでお馴染みのアコムは、三菱東京UFJ銀行グループ傘下の消費者金融会社です。
従って、貸金業法の適用を受け税込み年収の3分の1以上の貸出しはできません。
もともと大手消費者金融の一角を占めている会社でしたが、貸金業法改正以降は過払い金返還請求などにより経営難に陥り、他のほとんどの大手消費者金融同様に大手都市銀行傘下となり、資金力が安定するとともに息を吹き返しました。
最近では、親会社グループのカードローンの保証会社としての役割を果たしたり、ノウハウを提供したりと個人ローン部門では重要なポジションを占めています。
アコムの申込み条件は、20歳以上の安定した収入のある方となり、派遣社員でもアルバイトの方でも申込めますが、収入のない専業主婦の申込みについては受付けていません。
専業主婦については、三菱東京UFJ銀行グループのバンクイックで受け付けています。


~経営面が安定~

もともと消費者金融としても利便性の高い商品を提供していたアコムですが、銀行のバックアップもあって経営面が安定するとますます利便性が高まり、消費者金融系でもトップクラスのサービスを提供しています。
昔から定評のあった審査時間の短さはもちろん、即日融資、web申込み、24時間365日の振込サービス、業界トップクラスの提携先ATM数、むじんくんで有名な自動契約機数、さらに最近では無利息サービスまで提供しています。


~金利については他消費者金融と同様の高金利~

利便性については最高レベルですが、金利については他消費者金融と同様の高金利となり、銀行カードローンと比べると見劣りしてしまいます。
また、最近人気のおまとめローン、借り換えローンも提供していますが、最高金利が18%と高金利のため、利用者にとってはさほど魅力のある商品とはなっていません。
アコムでの借入は、ATMか振込サービスを利用できます。
ATMの場合は、メンテナンスを除くと基本的には24時間利用できます。
ただし、自社ATM利用については無料で利用できますが、提携先ATMについては手数料がかかります。
振込サービスについては、アコムのHPや電話で申し込めますので、いつでもどこからでも申込み可能で振込手数料もかかりません。
また、楽天銀行を振込み先に指定すると24時間365日リアルタイムで振込んでもらえます。
他銀行を指定する場合には、平日14時までに振込申請をすると当日中に振込まれます。時間を過ぎると翌営業日対応となりますので注意が必要です。

プロミスでATMで返済するには

~プロミスのATMで返済する際の手数料~

プロミスでお金を借りる時に、気になるのが返済方法でしょうが色々な方法があります。
お客様サービスプラザと呼ばれるのが店頭窓口ですが、その他、プロミスATM、銀行振込、口座振替、提携先金融機関、コンビニ、インターネットから返済とあります。
それぞれの方法では、手続きにかかる手間や手数料などに、わずかな違いがあります。
手数料がかからない方法としておすすめなのは、店頭窓口、プロミスATMです。
店頭窓口の場合には、一般的に営業時間が平日の10時から18時の時間帯と決まっているので、ATMなら24時間返済が可能なので非常に便利です。
提携ATMで返済を行うと手数料がかかります。
返済の金額によって手数料も変わって来ます。
提携先は、決められた銀行ですが銀行によっては原則24時間返済可能なところもあります。
提携先の利用可能時間は、各金融機関や各店舗によって違いがありますので、詳しくは各金融機関に問い合わせておくと手間がかかりません。


~ポイントサービスで手数料が無料に~

提携先への返済では利用手数料がかかるのですが、プロミスではこれらを無料にする便利な方法があります。
そのために必要になるのがプロミスの「ポイントサービス」に申し込みをすることで可能になります。
貯まったポイントを提携先手数料無料サービスに使うという方法があるので、大変、お得に使えます。
提携先の利用手数料を一時的に無料にするためには、必要ポイントの40ポイントを取得すれば、適用期間で申込日から、翌月末日まで有効ですので便利です。
ポイントサービスへの申し込みをするだけでもポイントを獲得できますし、会員になりログインしても毎月一回はポイントが獲得できます。
その他、プロミスからのお知らせの確認、収入証明書を提出などでもポイントの獲得が出来るので提携先で返済をしたい方には、「ポイントサービス」に申込みをするのがお得です。
そして「ポイントサービス」への申込み方法ですが、まずプロミスのホームページから、カード番号と暗証番号でログインします。
その次に、「ポイント申し込みボタン」をクリックしますがこの際にはメールアドレスが必要になります。
以上、プロミスで返済する際には、始めから手数料がかからないお得な方法を選ぶか、またはポイントサービスを活用して手数料がかかっても無料にした上で返済するかのどちらの方法が、自分に相応しく便利な方法であるかを利用の前にも予め検討しておくと賢い返済が出来ます。