カテゴリー別アーカイブ: キャッシングを説く

消費者金融アイフルの現状について

~2009年に事業再生ADRを申請~

かつて、チワワのテレビCMで一定を風靡したアイフルですが、規模しい取立てや利業活動が問題視され業停止命令を受けます。
また、貸金業法改正以降には、過払い金の返還請求が激増したため収益は激減し、2009年に事業再生ADRを申請しました。
他の大手消費者金融は経営難により、大半が大手銀行グループの傘下になる中、アイフルは独立を守り続け苦しいながらも経営を続けています。
アイフルは、貸金業法下の消費者金融のため総量規制の適用を受け、税込み年収の3分の1以上の貸出しはできません。
また、申込条件は、満20歳以上から70歳未満の方で定期的な収入のある方ととなり、主婦や学生でもパートやアルバイトで定期的な収入があれば申込めます。
ただし、収入のない専業主婦の申込は受付けていません。貸金業法には、配偶者特別貸し付けという制度がありますが、配偶者の同意書や所得証明などが必要となり、事務作業等の問題で消費者金融では受付けていません。


~大手で唯一、銀行系ではない~

唯一の独立系大手消費者金融として経営を続けているアイフルですが、資金面での問題もあり、他の大手消費者金融と比較すると遅れが目立ちます。
他社では標準となりつつある、無利息サービス、24時間365日の振込サービスなどで後塵を拝しています。
また、金利については他の消費者金融と同等ですが、銀行のカードローンと比べると高くなります。また、返済時にも自社ATMや自社店舗以外での返済にはすべて手数料がかかります。
厳しい経営状況が続くアイフルですが、独自のサービスで活路を見出そうと経営努力をしています。


~おまとめローン・レディースローン・学生ローン~

低金利のおまとめプランとして、おまとめMAXとかりかえMAXを提供しています。
これらは、貸金業法例外貸付となり税込み年収の3分の1以上でも貸出し可能です。金利も銀行並みで最高500万円まで融資可能です。
また、いち早く女性専用のレディースアイフルを提供しています。女性専用ダイヤルがあり対応もすべて女性スタッフとなります。
さらに、最近では学生などの若年層に向けた営業に力を入れてます。
この年齢層は収益を期待できるわけではないのですが、数年後の優良見込み客として囲い込み営業を実施しています。
利用限度額を10万円とし、所得証明書は原則不要、また、運転免許証などの本人確認書類は携帯電話を利用できます。
インターネットで申込み、確認書類は携帯で送れるという商品です。満20歳以上の消費者金融が初めての利用する方が対象となります。

アコムのクレジットカードの特徴とは

~アコムにはマスターカードがある~

アコムは消費者金融としては金融サービスに柔軟性があることで知られています。
具体的に言うと、通常のカードローンの他にクレジットカードの契約も可能なのです。
消費者金融は貸金業者であり、クレジットカード業務を行っても不思議はないのですが、実際にクレジットカードを発行している会社はほとんどないと言っていい状況です。
しかし、アコムはアコムマスターカードというクレジットカードを発行していて、カードローンとクレジットカード、どちらかを選ぶことが出来ます。
なので、もしショッピングに使えるカードと、キャッシングに使えるカードを作りたいという場合、それぞれを別に作る、たとえば、カードローンを消費者金融や銀行に申し込み、それとは別にクレジットカードを申し込むのではなく、アコムマスターカードを申し込んで一枚にまとめてしまうという方法もあります。


~銀行&信販と消費者金融の違い~

勿論、銀行や信販会社が発行しているクレジットカードにもキャッシング機能はついていることが多いですが、消費者金融が発行するカードと違うのは、メインがショッピング機能になっていることが多いという点です。
そのため、キャッシングの限度額が上がりにくく、どちらかというとキャッシングの方をよく使うという場合は物足りないことがあります。
しかし、消費者金融が発行しているカードの場合、キャッシング機能がメインになるので、キャッシングの限度額が比較的上がりやすく、まとまったお金を借りやすいです。
また、返済については消費者金融の特徴の一つである、利息のみの返済をOKとしていることから、収入がいつもより少ない月であっても、利息だけ入金することで返済をクリアすることが出来ます。


~一般的なクレジットカードの場合~

一般的なクレジットカードの場合、利息のみを入金して返済を済ませることは出来ず、収入が少ない月の返済は大変です。
一括払いからリボ払いに変更するということは可能ですが、リボ払いであっても利息と元金を両方返済することには変わりないので、利息のみの返済と比べるとやはり金額が高くなってしまいます。
アコムが発行するクレジットカードと一般的なクレジットカードの違いは他にもあります。
それは、利用する際に必ずリボ払いになるということです。もし、利用するときに一回払いと指定したとしても、結局はリボ払いになります。
そのため、利息は必ず支払うことになります。アコムマスターカードをショッピングで利用する場合はそのことに注意しましょう。

お金がすぐに必要な時はアイフルで即日融資

~お金がすぐに必要な時はアイフルで即日融資~

カードローンはインターネット申し込みでも即日融資を受けることができます。
カードを一枚持っておくと、またいつでも借入ができるのでとても便利です。
お金がどうしても足りないとき、カードローンを利用してお金を借りるという方法があります。
現在ではインターネットの普及に伴い、カードローンもとても便利に申込みをすることができるようになりました。


~アイフルならば即日融資可能~

即日融資が可能なアイフルでのカードローンを説明します。
まず、インターネットで申し込みをした場合でも、即日融資を受けることができます。
申し込み、審査、契約すべてにおいて来店不要で手続をすることができ、契約手続きを完了させた後には即日振込サービスを利用できます。
即日振込サービスとは、カードが手元に届いていない状態でもその日のうちに指定の銀行口座に現金を振り込んでもらえる方法です。
アイフルなどのように即日融資が可能なカードローンを選ぶことで、急ぎの時でもその日のうちにお金を借りることができるのです。
カードが手元に届けば、その後はそのカードを使用して提携先のコンビニや銀行のATMで借入や返済ができるようになります。
また、急にお金が必要になった際にもカードを持っていればいつどこにいてもお金を引き出すことができますから、一枚あるととても便利です。
急にお金が必要になった際には、是非アイフルのカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

プロミスなら専業主婦でも安心して利用できます

~プロミスなら専業主婦でも安心して利用できます~

キャッシングとは他の目的別ローンなどと違いお金を借り月々返済することです。
この方法であれば、専業主婦でも配偶者に定期収入さえあれば安心して貸し出しがされ、急な入り用でも味方となってくれるでしょう。
キャッシングとは、ローンやクレジット払いとは違い、現金を借りる方法で、借りた現金を毎月返済していく方法です。ローンやクレジット決済と大きく違う点として、お金を借りることが目的で用途を決められることなく自由に枠内でいつでも必要なだけ、利用できるという点があります。
お金を借りるには銀行での目的別のローンがありますが、銀行でお金を借りるとなると保証人や担保が必要となります。
しかし、銀行系の信販会社や消費者金融の展開するキャッシングサービスは、キャッシングカードが発行されると、利用枠が設定されれば、何度でも利用できるという便利なものです。


~プロミスならば専業主婦もOK~

通常、収入がない主婦は貸し付けてくれないのが消費者金融や銀行カードローンですが、プロミスならば主婦でもOKです。
プロミスレディースローンというのもあり、女性でも頼みやすい環境を作ってくれています。
生活の中には、急な飲み会や、住宅街のママ友同士のランチや女子会など必要なお金も多いでしょう。
自身の結婚式に出席してくれた友人から結婚の案内をもらえば、当然出席しなければいけなくなり、衣装や祝儀にお金が必要となるでしょう。
そのようなときに専業主婦であっても、配偶者に定期収入があればお金が借りられ、毎月無理のない返済が可能となります。
キャッシングは急な入り用でも主婦の強い味方となるのです。

今日お金が足りない時はアコムでキャッシング

~今日お金が足りない時はアコムでキャッシング~

カードローンはだんだんと進化しており、場合によっては、申込みすると今日から利用出来る商品も増えてきました。ただし、安易に借りすぎと返せなくなるリスクが大きいです。
最近では、テレビや屋外広告でアコムのカードローンの宣伝をよくみるようになりました。
多重債務者防止のための総量規制が施行されてから、いわゆるプロミスやアコムなどの消費者金融は陰りを見せましたが、銀行のローンは総量規制の対象外のため、銀行系のカードローンがここ最近よく見られるようになりました。大手銀行だけでなく、小口だけれども利息収入が取れる融資形態だけに、地方銀行でも力を入れ始めています。
大手銀行では、インターネットや電話経由で申し込めば今日中に、利用が可能商品も出てきました。


~それでもアコムが便利~

アコムの力が多少弱まり、銀行の力が多少強まりましたが、まだまだ利便性の差は歴然で、審査通過率や即日融資などでは、アコムがとても便利です。
必要あれば、今日申込みして今日借りられるというのは、利用者のメリットは大きいと思います。
しかしながら、借りすぎには、注意が必要です。
カードローンは簡単に借りられるため借りすぎやすいのも事実です。
返済は計画的にとよくテレビでやっていますが、一度借りてしまうと限度額まで魔法のようにお金が引き出せることから、自分のお金だと錯覚しがちになります。
いずれは必ず返さなければ行けないお金です。それもかなりの利息がつくのでかえせなくなるリスクは高いので注意して使いましょう。