カテゴリー別アーカイブ: キャッシングコラム

体験談を有効に活用する

キャッシングの内容を明確に説明するために、利用者の体験談を掲載するという方法がまず考えられます。
カードを利用する状況によっては、利用者によって異なる経緯を経ていることが考えられます。
また実際に体験をした事例を紹介することから、サービスの仕組みが理解しやすくなります。
そのためカードローンの使用を検討している人にとって、事前にその内容が明確であることは大きな利点になります。


~ターゲット層の策定~

利用者の体験談を得る際に重要なことは、ターゲット層の策定です。
ローンの利用者は、男性から女性まで年齢もさまざまな人がいます。
そのため体験談を募る層が偏ることなくインタビューを得られることが理想だと言えるでしょう。
体験談を掲載する媒体としては、主に雑誌が有効でしょう。


~雑誌であれば分類可能~

雑誌であれば多くを集約して一つにまとめることができますし、それをカテゴリー化して分類することも可能です。
具体的な掲載紙の種類としては、カードローンについて扱ったものだけではなく、それとは異なるジャンルの雑誌に掲載をすることも有効な方法です。
それにより、多くの層の人にローンを認知してもらうことが可能になるでしょう。
より多くの体験談を集めることで認知を促進できる状態を作りましょう。

キャッシングの過払い金は取り戻すことができる

簡単な手続きと融資されるまでの時間がスピーディーなことから、急な出費の際に消費者金融のキャッシングにお世話になっているという人は多いのではないでしょうか。
消費者金融の店舗は街の至る所で見かけますし、無人契約機やネット上からの申し込み手続きも受け付けています。
そのため、お金を借りる手段として消費者金融のキャッシングはとても便利なサービスです。


~自分の目で金利についてよく確認をしておくことが必要~

しかし、消費者金融のキャッシングでは手軽にお金を借りられる半面で、金利が高めに設定されているというデメリットな部分もあります。
そのため、実際にキャッシングを利用する際には自分の目で金利についてよく確認をしておくことが必要です。
また、ただ金利を確認するだけではなく、その金利が法律に則っているかどうかも確認しておくことを忘れないようにしましょう。


~払いすぎた分のお金は消費者金融側から取り戻すことができる~

キャッシングでは法律によっていくらまでならば利息を取ってもいいのかが定められています。
しかし、消費者金融によっては法律で認められている以上の利息を請求されてしまうことがあります。
このような利息のことを過払い金といいますが、このような利息は本来であれば消費者が支払う必要のないお金です。
そのため、過払い金の返還請求をすることで支払ってしまった後でも、払いすぎた分のお金は消費者金融側から取り戻すことができるのです。

キャッシングの特徴と注意点

お金はいつどんな時に必要になるかわからないので、できれば日ごろからたくわえをしておくことが大事です。
しかし、ギリギリで生活している人などは、貯金をすることはとても難しいです。
どうしてもお金が必要な場合は、金融機関からキャッシングがおすすめです。
キャッシングできるカードを一枚持っているだけで、夜中や祝日でもコンビニのATMからお金を借りれるので、とても便利です。
キャッシングの申し込みは、わざわざ店頭まで行かなくても、インターネットや自動契約機で申し込めるので気軽に申し込めます。
フリーローンや低金利ローン、学生ローンや女性ローンなどの限定ローンもあるので、自分のニーズにあわせて申し込むといいでしょう。
金融機関をどこにするかはとても迷う所ですが、信販系は信販会社が提供していて、ポイントなどのサービスが充実しています。
銀行系は低金利で安定していますが、審査が厳しく時間がかかります。


~消費者金融系は金利が高いが審査は早い~

消費者金融系は、金利は高いですが審査が早く審査が比較的通りやすいと言われています。
急いでお金が必要な場合は、消費者金融に申し込む方がいいでしょう。
申し込む場合は、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人j確認証の提出が必要ですが、保証人や担保、印鑑などは必要ありません。
外国人の場合は、在留カードや特別永住者証明書などを提出しなければいけません。
借り入れ額が50万円以上や、希望借入額と他社との借入残高が100万円を超える場合は、源泉徴収証や確定申告書、給与明細書などに収入証明書が必要になります。
キャッシングは、どこの金融機関でも審査があります。


~必ず返済してくれるかどうかを審査する~

審査は必ず返済してくれることを審査するので、安定した収入がある人が審査に通りやすくなります。
アルバイトやパートでも、長期勤務していれば安定した収入があるとみなされるので審査に通りやすくなります。
正社員で収入が多くても、転職ばかりしていたり、勤めても半年以上たっていない場合は審査に落とされます。
過去に金融機関から支払いの遅延や滞納がある人も審査に通りにくくなります。
しかし、いくら審査に通りたいからといって、嘘の申告をしてしまうと、調べられると嘘がバレてしまい、この人は信用できない人だと思われ審査に通らなくなります。
キャッシング審査には、勤務先へ在籍確認というものがあります。
電話は金融機関の会社名は名乗らず、個人名を名乗るので廻りの人にキャッシングがバレることがありません。

無利息サービスを行っているキャッシング商品について

~突発的に支出を強いられる場面に度々遭遇する~

冠婚葬祭や突然の飲み会、不慮の事故など、現代の日本社会に生きていれば、突発的に支出を強いられる場面に度々遭遇すると言っても過言ではありません。
現代の社会人の給与やボーナスは不景気の影響も大きく、長年低い水準で推移していますし、その一方で消費税増税や社会保険料の値上げなど家計を圧迫するような出来事が頻繁に起きています。
それにもかかわらず、冠婚葬祭で用意しなければならない相場金額は昔から一律で決められていますし、飲み会の費用なども決していやすいものではありません。
だからといって冠婚葬祭や飲み会を金欠を理由に断るのは社会人として恥ずかしいですし、その後の人間関係にも悪影響を及ぼすことが考えられます。
突発的な支出に備えて、いつでも現金を準備できるようにキャッシングサービスの契約をしておくことが現代社会を上手に生きるために必要なことであると考えることができるのです。
多くの人が気軽に利用することができ、最も知名度の高いキャッシングサービスの一つとして挙げることができるのが、消費者金融のサービスであるといえます。


~審査がシンプルかつ素早い~

消費者金融は銀行などの金融機関のローンサービスと比較して、審査がシンプルかつ素早いという特徴があります。
そのため多くの人にとって利用がしやすいキャッシングサービスであり、上手に使うことでいざという時には大いに役立つサービスとなっているのです。
しかしながら、消費者金融のキャッシングサービスは比較的金利が高めに設定されているため、そのことが原因で消費者金融のサービスを利用しにくいと感じている人も世の中には数多く存在しています。
金利を気にする人におすすめなのが、多くの消費者金融が近年積極的に展開をしている無利息サービスの活用です。
無利息サービスとは一定の条件や制限があるのものの、借りたお金に対して支払利息が発生しないという、今までの常識を覆す画期的なサービスとなっているのです。
無利息サービスが適用される条件は消費者金融によって異なるものの、その多くが「初回の利用から30日間は無利息」といった内容や「5万円までの借入金額であれば180日間は無利息」といった期間や金額に条件があるものとなっています。
つまり利用者が特別な負担をすることなく、一定の条件を満たすことで利息を支払うことなくお金を借りることができるというわけなのです。
これらの消費者金融のキャッシングサービスを上手に利用することで、場合によっては銀行のローンよりもお得に金欠のピンチを切り抜けることができるのです。

キャッシングの10秒審査は信用できるのか

~銀行系の台頭~

キャッシングは現在さまざまな業者によって行われる物となりました。
これまでは消費者金融と言う業者がこのキャッシングという業界で活動する主な事業者でしたが、最近ではそうした在り方は大きく変容してきています。
ではどういった変化が出てきているのかと言うと、それが「銀行系」と呼ばれる業者の台頭です。
銀行を経営母体とする銀行系業者は消費者金融とは異なる「銀行法」による経営を行うこととなりますから、消費者金融よりもより柔軟に融資の審査を行うことができるのです。
そうした中、消費者金融などの古くからある業者が生き残りのためにとりいれた新たなサービスが「10秒審査」と呼ばれるものです。
これはインターネットを利用して自身の年齢や性別、収入状況などの情報を業者に送信し、機械によって審査を受けるというものになります。
キャッシングの審査と言うとそれぞれの消費者の収入や債務状況、それまでの信用情報などが確認されるのが基本ですから、一見するとこうした10秒審査に信用を置いていいのかどうかということについては疑問が残ります。


~10秒審査という名の簡易審査~

ではこれは実際のところどうなのかと言うと、「100パーセント信用ができるわけではない」ということが答えになります。
10秒審査は基本的に機械によって行われる「簡易的な審査」となりますから、その結果についてはある程度の目安にはなるものの、残念ながら間違いなく信用できる物とは言えません。
特にこうした機械審査の場合には入力する情報がかなり限られていますし、そもそも氏名や住所、電話番号などのいわゆる「基本個人情報」が明らかになっていないのであれば、信用情報を照会することもできません。
そしてキャッシングの融資判断においては信用情報の中に瑕疵が無いかどうか、信用情報を確認していく中で返済能力に疑問を持たせる要因は無いかどうかということがチェックされるのですから、そうした信用情報をチェックできない簡易審査である以上は、100%結果を保証してもらえるわけではありません。
ただしかし、この簡易審査では本来よりもかなり緩やかな基準で審査が行われることとなります。
そのためここで「融資できない恐れがあります」と出たのであれば融資を受けられない可能性がかなり高くなるというように見ることができ、最低限の「自分に融資をしてもらえる可能性があるかどうか」ということを判断する際には十分な助けとなってくれることは間違いありません。
この10秒審査に入力する情報に関しては、基本的には個人を特定する用途では使用されないものとなりますから、融資を希望する場合には気軽に利用してみるとよいでしょう。