カテゴリー別アーカイブ: キャッシングコラム

即日融資なら消費者金融のキャッシングが便利

~お金の必要性~

毎日の暮らしの中では様々な局面でお金の必要性が舞い込んできます。
毎月の家賃の支払いにはじまり、生活費、食費、税金、保険料、ローン支払いなどはもちろんのこと、他にも仕事上のお付き合いの飲み会費用、自分へのご褒美とも言うべき趣味やこだわりへの出費、そして旅行やグルメにお金を使う人もいるでしょう。
また、家族暮らしであれば子供の教育費にもそれなりのお金が必要ですし、家族揃ってのレジャーや、怪我や病気に伴う治療費も用意しなければなりません。
こういった出費に関してひとつひとつ費用を捻出していくにあたり、どうしようもなくお金が不足してしまうケースもあることでしょう。
そう言った時には親や友人に無理を言ってお金を貸してもらって迷惑をかけるよりも、むしろ消費者金融などを活用して効率よくキャッシングする方が賢いやり方と言えるでしょう。
こういった消費者金融のキャッシングはあくまで自己責任のもとで契約が行えるので、誰か他人に迷惑をかけるということがありません。
それに手続きも簡単で、多くの場合に即日融資が可能となります。


~キャッシングの借入方法~

それではこのキャッシングとはどんな借入方法なのでしょうか。
そもそもこれは振り込みローンとも呼ばれるもので、お金が必要になった時にインターネットや電話、店舗窓口、郵送などの中から自分にとって都合のいい方法を選んで融資申し込みを行い、これが認められると即日中に希望融資額が一括して銀行口座に振り込まれるというものです。
カードローンが融資限度額以内であれば何度でも幾らでも引き出せるのに比べて、このキャッシングは基本的に一度の申請につき一度の融資を受けることとなります。
継続的な借り入れ方法ではないので自分の判断のみで借り入れることはできませんが、しかしながら最近ではスマートフォンからでも簡単に融資申請できるので思いついた時に迅速に融資してもらえる利便性が拡充されてきていると言えるでしょう。


~キャッシングの審査~

ただし、このキャッシングを利用するには審査をクリアしなければなりません。
信用機関への照会を通じて過去の借り入れ履歴をチェックし、さらに勤務先や自宅への電話確認を実施した上で申請内容との相違がないことが認められ、なおかつ消費者金融の経営方針と条件が合致している場合にのみ融資が許可されることとなります。
また、申請の際には必要に応じて身分証明書や年収証明書の提示が必要となります。
これらはコピーを郵送やファックスで送る方法もありますが、一方スマートフォンの写真機能を使えば証明書を撮影してその画像データを送信することで簡単に受け付けてもらえるので大変便利です。”

キャッシング審査で会社に電話がかかってくる時の注意点

~いつでも借りれる~

サラリーマンの人は決まった日に給料が入ってくるので、支払いに困ることはありませんが、自営業やフリーで仕事をしている人は、いつお金が入ってくるかわからないので、支払いに困ることがあります。
日ごろからいざという時に備えて貯金をしていればいいですが、ギリギリで生活をしている人にとってはそれも難しいです。
取引先などにお金の支払いをいつまでも待ってもらうと、信用がなくなってしまい取引を中止させられることもあるので、できるだけ早くお金を工面する必要があります。
知り合いに頭を下げてまでお金を借りたくない人は、金融機関からキャッシングするのがおすすめです。
キャッシングできるカードを持っているだけで、真夜中や休日でもお金を借りれるのでとても便利です。


~ネットから申し込める~

キャッシングの申し込みは、最近は店頭まで行かなくても、インターネットや自動契約機で申し込めるので便利です。
住宅ローンみたいに、お金の使い道が決まっているわけでなく、保証人や担保もいらないので若い人から高齢者まで利用する人が多いです。
フリーローンや低金利ローン、学生ローンやレディースローンなどの限定ローンもあるので、自分のニーズにあわせて利用するといいでしょう。
金融機関選びは、金利が低い所がいいなら銀行がおすすめですが、審査が厳しく時間がかかるので、ハードルの高い審査に通る自信がなく、急いでお金が必要な人は消費者金融がおすすめです。
消費者金融も大手なら金利も低く、無利息期間などを利用すればかなり利子がお得になります。


~在籍確認~

キャッシング審査には、どの金融機関でも勤務先への在籍確認というものがあります。
これは、本当にその会社に勤務しているか会社に電話をするものなので、自分が働いている所の電話番号を記入する事が大事です。
会社に電話をするといっても、金融機関の会社名を名乗らず個人名を名乗るので、キャッシングすることが会社の人にばれることはありません。
会社に電話がかかってきた場合、そこに本人がいなくてもその勤務先に勤めていることがわかれば、在籍確認は終了となります。
本人が電話に出た場合は、在籍確認で聞かれることは、生年月日や住所などの基本的なことばかりです。
どうしても、会社に電話をかけてきてほしくない人は、社員証や給与明細書を提出することで、在籍確認の代わりにする金融機関もあります。
派遣社員の場合の在籍確認は、実際に働いている所ではなく、雇用契約を結んでいる派遣先に連絡が入ります。

平成に起きたキャッシングの変化

キャッシングは、多くの金融機関が取り扱っている個人向けの少額融資の事です。
元々は、消費者金融が専門的に行っていたサービスであり、サラリーマンを主な対象として提供されていました。
その後、平成に入って以降、働き方が多様化した事に伴い、幅広い層に向けた商品へと変化しています。


~キャッシングの利用者数が増加した理由~

キャッシングの利用者数が増加したのは、自動契約機と呼ばれてる情報機器が導入された事やテレビのコマーシャルを盛んに行った事等が理由と考えられています。
これらは、いずれも平成に入ってからの事であり、やがて銀行やクレジットカード会社等の消費者金融以外の業者も参入する様になっています。


~多様化された商品~

このために、現在のキャッシングの商品内容は非常に多様です。
限度額が最高で5000万円を超える様な大型の商品も登場しており、必ずしも少額融資とは呼べなくなっています。
かっては短い期間だけ限定して使用するのがキャッシングの有効な利用法でしたが、長期的な計画にも対応できる商品も存在しています。
いろいろな目的で利用できるという事が、現在のキャッシングの魅力です。

キャッシング審査の申込内容の確認の方法

消費者金融や信販会社、銀行等の多数の業者が取り扱っている個人向けカードローンは、キャッシングとも呼ばれている人気の商品です。
担保や保証人は不要であり、面倒な準備は必要がありません。
20歳以上で安定した収入を得ているという事が求められる条件であり、フリーターや派遣社員でも利用する事が可能です。


~審査に通過する必要がある~

キャッシングを利用するためには、審査に通過しなくてはなりません。
審査の申込方法は多様であり、現在ではインターネットを利用して自宅から行う事も可能となっています。
つまり、店頭や自動契約機に行く時間がないほど忙しい人でも利用できるという事です。


~キャッシング審査の申込内容~

キャッシング審査の申込内容は、氏名、生年月日、自宅と勤務先の住所と電話番号、利用目的、他社借入残高等の必要事項を記入して提出するだけという簡単な内容です。
ただし、信用情報機関への照会により確認されるので、申込内容に事実とは異なる数字を記入してもすぐに判明してしまいます。
このような行為は、審査にプラスの効果を及ぼす事はありません。このために、正確な内容を記入するという事が必要となります。

収入とのバランスを考えてのキャッシングとは

~収入と支出のバランスを考える~

よくキャッシングをする場合の注意点としてあげられるのは、収入とのバランスを考えて計画的に行わなければならないということです。
これはいったいどういうことなのでしょうか。
たとえば、毎月の収入が20万円の人がいたとします。
では、この人は毎月、20万円までならローンの返済が出来るのかというと、それは難しいです。
というのは、20万円の中から家賃や光熱費、食費など、生活をしていく上で必要なお金を払っているからです。
なので、返済出来るのはそういったお金を除く、自由に使える分だけということになります。20万円の収入があったとしても、家族がいたりすれば、自由に使えるのは一万円ぐらいという場合も珍しくありません。
もし、そういう人が毎月10万円の返済が必要なぐらいキャッシングをしてしまったら、当然、生活費を払えなくなってしまうので、返済も出来なくなってしまうわけです。
上記のようなことを考えて、キャッシングを行う場合は毎月、どれぐらいの余裕があるのかを考えて、その余剰資金で返済出来る金額に納めるようにしましょう。


~将来の収入があるかどうかわからない状況~

また、将来の収入があるかどうかわからない状況でお金を借りるというのもよくありません。
たとえば、アルバイトの人でもクレジットカードを作ったり、消費者金融と契約することは可能ですが、アルバイトの場合、シフトによって出勤日が減らされたり、あるいは天候によって働ける日が少なくなるということがあります。
社員であれば固定給があり、一定の収入を約束されますが、アルバイトの場合はそういったものがなく、また有給制度もないので、仕事を休んでしまえば、その分の収入はありません。なので、フルに働けるということを前提にお金を借りたり、ローンを組むということは危険なのです。
もし、アルバイトの立場でお金を借りる場合は、これまでの収入の平均を出して、そこからいくら借りられるのかを計算するようにしましょう。
また、もし返済が足りなくなった場合、どこから返済金を捻出するのかをあらかじめ考えておくようにしましょう。


~千円単位で借りれる~

また、借りる場合は万単位ではなく、千単位で借りられるサービスを利用するというのもいい方法です。
というのは、借りたい金額が5000円であっても、万単位でしか借りられない場合は1万円借りることになってしまうからです。
その場合、5000円余計に借りることになってしまい、その分の利息は無駄になってしまいます。千単位で借りられればそういうことはありません。”