カテゴリー別アーカイブ: キャッシングコラム

カードローンとクレジットカードのキャッシングの違い

~カードローンとクレジットカードのキャッシングの違いについて~

クレジットカードにキャッシングの機能が備わっているサービスもありますが、クレジットカードの発行とはまた別に審査を受ける必要があり、基本的にカードローンとはまったくの別物です。
また、後からキャッシング分のローン分を発行する必要があり審査は厳しめのものになります。
ただし、クレジットカードを発行した際に個人情報は相手の会社に渡っており、新たにチェックされる項目も少なくなり、気軽に審査を受けることが可能になります。
この二つのサービスの決定的な違いは商品の決済機能があるかないかという点です。
この面だけで見た場合にはカードローンが劣っているようにも感じますが、キャッシング枠はやはり雲泥の差があります。
ゴールドカードやプラチナカードなど様々なカードが存在しますが、いずれもキャッシング専用のものと比べるとキャッシング枠は少な目です。
また、枠だけではなく金利のめんでもキャッシング専用のもののほうが割安になります。
ローンの利用は必ず別途用意されているキャッシング専用のローンを利用するべきです。
最近のクレジットカードを発行している会社にはたいてい別途カードローンが用意されているはずなので気軽に利用することができます。
年会費が一切かかることがないのもカードローンの大きな魅力です。


~キャッシングの即日融資について~

現代の金融サービスの中でも特に多くの人から人気を集めているサービスの中にカードローンでのキャッシングという金融サービスがあります。
このカードローンはこれまでの金融機関からの融資に比べてかなり審査がシンプルであるということに加えて、早い場合には申し込んだ即日に融資を受けることができるというスピードにあります。
この様に即日のサービスが可能になった背景にはカードローンでのキャッシングが従来の借入とは異なり、借入を希望する側が面倒な書類作成や保証人を探すなどの作業をしなくて済むようになったという仕組みの変化が挙げられます。
具体的にはインターネットで全ての手続きを完了させることが出来るところまでサービスは進展しているのです。
この様なサービスの変化の背景には勿論インターネットの技術的革新があったという要素もあるのですが、それよりも保証会社と呼ばれる第3者機関が保証人の役割を担うことができるようになり、融資を希望する側は審査を受けるだけで自ら保証人を探す必要が無くなったという点が大きいのです。
このことにより返済能力が認められる状態の人であれば、インターネットでの情報入力と電話等での確認だけで簡単に契約を成立させることができるようになりました。即日対応が可能になった背景としてはこのことが最も重要な変化でした。

フリーターも主婦もOKのキャッシング

~フリーターも利用できるキャッシング~

消費者金融や銀行などの多くの業者が提供しているキャッシングは、事業目的での利用以外であれば自由に使用できる人気の商品です。業者ごとに商品内容は違っていますが、無担保型の少額融資であり、20歳以上で安定した収入を得ている人を対象としています。
無担保で利用できるという事から金利は高めに設定されていますが、審査時間は短くなっており即日融資が期待できます。1万円からの申し込みにも多くの商品が対応しており、少しの用事で急いで必要なケースでの利用に向いています。
キャッシングのルールは、約定返済日に遅れることなく指定の金額を返済するという事です。このために、定期収入を得ているという事が必要となります。ただし、正社員である事が必要というわけではありません。フリーターや派遣社員、事業主であっても審査に申し込む事が出来ます。
フリーターがキャッシングを利用するための条件は、ルールを守って利用するだけの返済能力を有しているという事です。借入希望額や他社借入残高が少ない場合は、運転免許証などの本人確認書類1点での申し込みが可能であり、所得を証明する書類は必要がありません。このために、収入よりもクレジットヒストリーが重要なポイントとなります。


~主婦がキャッシングに申し込む時の注意点~

主婦は何かとお金が必要なものです。節約しながらお金のやりくりをしていても、どうしてもお金が足りなくなることもあります。
そんな時は、パートやアルバイトをして少しでも家計の足しになるようにしている人もいますが、それでもお金が足りない場合は、キャッシングなどからキャッシングする人もいます。
キャッシングでキャッシングできるカードを持っていれば、夜中や休日でもお金が必要になればキャッシングできるのでとても便利です。
主婦はキャッシングに申し込めないと思っている人もいますが、パートやアルバイトでも安定した収入があれば申し込むことができます。
ただし、消費者金融などでは総量規制があるので年収の3分の1までしか借りることができません。
パートだとどうしても年収が少ないので、借りれる額も少なくなってしまいます。
安定した収入のない専業主婦は、総量規制のない銀行ではキャッシングに申し込めますが、消費者金融などでは申し込めないケースもあるのでよく確認してから申し込みましょう。
消費者金融の中には、専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば、キャッシングに申し込める所もあります。
その際、配偶者の同意書と収入証明書が必要になるので用意しておいてください。

勤務先への電話連絡について

~キャッシング申し込み時の勤務先への電話連絡について~

キャッシングに申し込むと必ずと言っていいほど審査が行われ、その審査の一環で勤務先へ在籍確認のための電話連絡が行われます。

貸金業者にとってはキャッシング利用者が今後働いて収入を得ることで返済していけるかを確認するために在籍確認は欠かせないことであり避けては通れません。

そもそも法律で「第3者にキャッシングの申し込みをしたことをばらしてはいけない」という旨が規定されていることからこの電話連絡では貸金業者名を名乗ることはなく、担当者名で行われるのでばれる可能性はほとんどないと言われています。

しかし「普段自分宛ての電話がないので周囲に怪しまれてしまう」などという理由で勤務先への連絡してほしくない場合もあると思います。

まず銀行のキャッシングは審査が厳しいため、在籍確認は避けては通れないと思った方がよいでしょう。

一方で消費者金融のキャッシングの場合は在籍確認をしない代わりに身分証明書、収入証明書など複数の書類を申し込み時に提出することで避けることができる可能性があるのです。

このような理由で消費者金融に申し込む場合は必ず「在籍確認をしないでほしい」ということを相談しましょう。

インターネットや無人契約機で申し込む場合も備考欄などがありますのでそこに記入することを忘れてはいけません。


~キャッシングの審査に影響する信用情報について~

信用情報とはその名の通り個人が信用に値するかどうかを表す情報のことであり、信用情報機関という業者が記録しています。
現在日本にはKSCやJICC、それからCICの3種類が存在します。
3種類あるものの、それぞれ情報の共有を行っており、どれか一つにでも記録されている情報は簡単にキャッシングを発行する企業側が調べることができます。
また、これらの情報はキャッシングのみならずあらゆるローンやクレジットカード発行の際の審査でも照会されます。

これらの情報は企業に見られたくない場合には見られないようにする手続きも可能ですが、この手続きをしてしまうとキャッシングの審査には必ず落ちてしまうことになるため、ほとんどの人は選択しません。
調べられるのは主に借り入れ履歴と支払履歴、それから貸金業者へ申し込んだ履歴と事故歴です。
事故歴というのが最も重要される情報であり、主に過去に著しく信用を損なう行為をした人が登録されます。

俗にいう「ブラック」という言葉はこの事故歴、すなわち事故情報に登録されてしまった人のことを差し、ここに登録されていた場合には審査に大きな影響を及ぼしがちです。
自分がどのような情報で登録されているか知りたい場合には信用情報機関に問い合わせることで知ることができます。

カードローンとキャッシングの違い

~カードローンとキャッシングの違いが知りたい~

銀行や信用金庫などの金融機関や大手消費者金融などが提供するカードローンと、キャッシングの違いが分からないという人は割と多くいます。
基本的に、どちらもお金を借り入れるという意味では同じです。
キャッシングはどちらかといえば、使い道自由な少額融資のことを指すことがよくあります。
住宅ローンやマイカーローンのような、その目的以外には利用できない融資と、しばしば分けて考えられることが多いです。以前のキャッシングは一括返済が基本でしたが、現在においては一括に加え、リボ払いも標準になっていますので、ローンとほぼ同じ性質になってきています。
カードローンは、ATMやCDを利用して借り入れができたり、返済が行える便利なサービスです。
ローンカードが使えるATMは全国に多くあり、大抵のコンビニや金融機関、スーパーなどのATMで利用できるようになっています。
ですので、特定の銀行のカードローンを利用しているからといって、必ずしもその銀行のATMでないと利用できないというものは、むしろ稀です。
カードローンも、返済方法が複数用意されていることが目立ちます。
大手でなく、小規模な消費者金融のキャッシング利用だと、カードローンは用意されていないことが殆どです。利便性を考えるなら、大手消費者金融か、金融機関のカードローンを選ぶことをお勧めします。


~キャッシングはアルバイトでも利用可能ですが~

最近では、アルバイトでも契約できるキャッシングが増えてきています。
ただ、その際の条件は、正社員で働いている人に比べて厳しくなります。
そのひとつが、勤続年数です。
正社員は無期雇用が一般的で、働き始めたばかりでも、今後も働き続ける可能性が高い為、審査に通る可能性は高くなります。
それに対して、アルバイト等の非正規の場合、雇用期間が有限な事もあれば、審査を受ける人が、様々な事情で、すぐに仕事を辞める可能性がないとも言い切れません。
その為、働き始めたばかりでカードローンの審査を受けても、審査落ちの可能性が高くなります。
ですから、アルバイトで働く人が、キャッシングの審査に通る為には、1年以上の勤続年数がある事が重要と言われるのが一般的です。
急ぐ場合、最低でも、半年の勤続実績を作った上で、審査に申込む事が重要になってきます。
業者の中には、働き始めたばかりでも契約可能というところも存在します。
ただ、審査落ちというのは信用情報に傷がつく事になるので、業者の下調べをしっかりとした上で、審査の申し込みをする事が大切です。
急がないのであれば、アルバイトの場合、1年以上の勤続実績を作った上で、審査の申し込みをする事がお勧めです。

お金の返済方法について

最近のキャッシングはわざわざお店で足を運んで窓口で手続きしなくても大丈夫になりました。
時代の流れなのか、パソコンやスマホから24時間、いつでもどこからでも申込をすることができるようになったので、周りの人間にばれないようにこっそりとキャッシングすることも可能です。
キャッシングとは、お金に困ってしまった時に、救ってくれる心強いパートナーです。
しかし、むやみやたらに借りてしまうと、あなたの生活を苦しめることにもなりますので、借りることよりも返すことの方が大事です。
なので、今回は様々な返済方法について解説いたします。


~店頭窓口から返済する~

もし、自宅や職場の近くにお店や窓口がある場合は、窓口で返済していくことも可能です。
窓口であれば、相談しながら返済することも可能なので、返済計画の見直しなおdも可能となります。
昔ながらのやり方ですので、効率は悪いですが、対人の方が安心できるという方や、直ぐ近くにお店がある方はご利用してもよいでしょう。
ただし、ビルに入っていく姿を近所の方や会社の同僚に見られると、悪いうわさが立ちかねないので、お気を付けください。


~提携のATMから返済する~

最近の大手キャッシング会社では、ほぼ例外なく、どこかしらのコンビニATMや銀行ATMて提携しており、コンビニの買い物ついでに借りたり、返したりすることができます。
今や日本全国にコンビニがあるので、非常に便利な返済方法となります。
また、ATMや契約によっては、返済手数料無料などのコースもあるので、余計な経費はなるべくかけずに返済しましょう。
繰り上げ返済もできるケースが多いので、非常に便利なツールとなっています。


~ネットから返済する~

一番便利なのはインターネットからの返済でしょう。
お手元のスマホや携帯電話、パソコンやタブレットなどから、各キャッシング会社指定の銀行口座へ振り込むことができ、家にいながら返済することができます。
銀行口座に振り込むのではなく、キャッシング会社の会員サービスになれば24時間、土日でも支払えるサービスがあります。
その場合は、無料で、いくらでも繰り上げ返済は可能ですし、枠が残っていれば、すぐに融資可能となるので、ネットからの返済方法もフルに使うことをご検討ください。


~口座振替で返済する~

あらかじめ何日で引き落としで返済するという方法も存在します。
契約の途中で日付や金額を変えることもできます。
口座振替の場合は、自分から何もしなくても支払えるので、忘れっぽい方におすすめです。

このように、実に様々なタイプの返済方法が存在します。
借りる時の利息のパーセンテージや限度額がいくらなのか?
即日融資をしてくれるのか?だけでなく、どういった返済方法が存在して、自分に合っているかどうかを見極めてから融資の申し込みをするのも一つの方法です。