カテゴリー別アーカイブ: キャッシングコラム

突然の出費に役立つ存在

どうしても、突然お金が必要になることってありますよね?
でも、手元にはお金がない。
銀行口座にもお金がないのでおろせない。
そんな時、どうすればよいでしょうか?
お金がないけど、お金が必要という経験は、誰にでもありますよね?
世の中、想定外の出費がいつ発生するのか、予測できないものです。
できれば、お金がかかることは先に延ばしたいと思います。
一体どうすれば、お金がない時の対応ができるのでしょうか?


~お金がないならば、お金を借りるしかない~

お金を借りて解決なんて、ものすごく当たり前のことですよねw
それができれば、誰だって苦労はしません。
お金を貸してくれるところが見つからない、わからないから困っているのです。
そんな時に頼れるのが消費者金融や銀行のキャシングやカードローンを使ってお金を借りれます。。
仕事をちゃんとしており、過去にトラブルなどを起こしていなければ、よっぽどのことがない限り、審査に通って、融資してくれます。
キャッシングというのは、非常に心強い存在なのです。


~借りたお金を返すカードローン~

ところで、カードローンとキャッシングの違いをあなたは説明できますか?
会社によって、呼び方やシステムが多少異なりますが、通常はこのような違いを指します。
カードローン・・・カードを発行し、限度額の範囲内で自由に借りたり、返したりできるシステム。
キャッシング・・・契約のたびに、審査をして、融資を受けるシステム。

カードローンは一度、限度額を発行すると、自由にお金を借りれるために、キャッシングに比べて審査が厳しい感じであるのが特徴です。
しかし、現在は審査システムの進歩により、早く審査ができる、かつ回収率も高くなったので、カードローンでも無事に融資を受けれるようになりました。

いつの間にか多重債務者にならないよう

拙者がキャッシング侍なり。
貴殿に多重債務に陥らないでキャッシングと付き合えるコツを伝授するでござる。


~意外に使われているキャッシング~

貴殿のまわりにキャッシングをしている人間の顔が何人思い浮かぶかな?
あまり、思い浮かばないであろう。
なぜなら、キャッシングをしていることを公開しないであるからでござる。
しかし、貴殿の周りにも、キャッシングを利用している者は多く存在するでござる。
多重債務のどうしようもない状態にいる者は身近にはあまりいないかもしれぬが、給料日までのつなぎに使ったり、転職などの際に一時的に使ったり、どうしても欲しいものがあり、ボーナスまで待てなかったりと、理由は様々でござる。
なので、キャッシングそのものをあまりネガティブに考える必要は決してございませぬぞ。


~多重債務に陥らないコツ~

だからと言って、それこそ自分のATMから引き出す感覚でキャッシングを繰り返すと、気づくと多重債務状態になることがあるのじゃ。
それはカードローンの限度額がいっぱいになってしまった場合に、別のカードローンに手を出すと陥るであろう。
日頃、無駄遣いをあまりしないから拙者は大丈夫だと思っている輩も要注意でござる。
急な体調不良で、一定期間が仕事ができなくってしまう場合など、きっかけはいくらでも存在するのでござる。
では、どうすれば多重債務状態に陥らないかというと、ひとつには無暗に借りないことじゃ。
必要な時は、利用をする。不必要な時は余計に借りない。
実にシンプルじゃが、最大の対策でござる。
他にも多重債務に陥らない、コツというものが存在するのである。
それは、返済手帳をつけることじゃ。
出来れば、自分で利息を計算することで、なんとも無駄な経費を払っているということを改めて何度も認識することじゃ。
さすれば、無駄を減らそうと、借入を必要最低限に留めることが可能となるのじゃ。


そう、拙者こそが天下無双のキャッシング侍。
また、つまらぬ物を説いてしまった。

消費者金融の付き合い方

消費者金融の上手な付き合い方と悪い付き合い方を解説するでござる。


~34才、サラリーマンの場合~

大企業ほどの年収は期待できないが、アルバイトや中小企業はしっかりともらっている形でござる。
彼は、子供がいるためにお小遣い制であり、少ない小遣いのなか、やりくりをしている中堅会社の中堅サラリーマンでござる。
冠婚葬祭などのお金は、家庭から出してもらえるが、部下や取引先を飲みに連れていく場合は、お金の工面が大変でござる。
社会人になってすでに10年以上経っているので、それなりの給料は確保しているでござる。
借りたら、きちんと返済日までに完済している、まさに消費者金融からみたら、理想的な優良顧客でござる。
彼の場合は、まさに上手な付き合い方ができていると言えるでござる。


~29才、フリーターの場合~

彼は定職につかず、アルバイトを転々としている若造でござる。
別にフリーターが悪いというわけではござらぬが、消費者金融から借りる際の使用用途が悪い。
用紙には生活費と記載するが、実際は他社の返済だったり、パチンコ代にすってしまうことが大半なり。
借金の返済のために、借金をするようでは、まさに雪だるま式にふくれあがる借金地獄に陥るであろう。
そのようなことは必ず回避せねばならぬ事情でござる。
借金地獄に陥った人間を何人も見てきたでござるが、行きつく先は親や親せきによる代位弁済。
もしくは自己破産などもよくみかけたでござる。
そのような形でも、清算ができたのであれば、まだ人生をやり直す可能性があるが、借金に疲れてしまい、身体的にも精神的にもボロボロになってしまうケースもよくあるでござる。


そんなことにはならぬよう、キャシングとは上手に付き合うことを拙者は切望いたす。
また、つまらぬ説法をしたでござる。
いざ、さらば。

キャッシングのコツは無利息を使うこと

キャッシングをするなら、キャッシングのコツやノウハウをしっかりとマスターするべきでござる。
そうでござる、此処がキャッシングで得をするか否かの岐路でござる。

さてさて、キャッシングとは格好つけて外来語で申しておるが、早い話「借金」でござる。
つまり、お金を借りるということでござる。
物でも義理でもお金でも、借りたものを返すのが世の筋でござる。
また、借金の場合は、元金に金利がついた元利で返済するのが約束事でござる。
借金を返す時も大事な要素の一つでござる。例えば100万円借りて使って、その後に100万円を一回で返そうしたら生活費など、諸々を削ることになりんす。
それはそれは、一括で返すのが大変に難儀なことであるのは目に見えているでありんす。
よって、高額な借入は分割払いが鉄則でござる。
しか~し、返済期日が遅くなればなるほど、利息が高くなるので、注意が必要でござる。


~無利息キャッシングを使え~

次にキャッシングをした際に利口な返済方法を解説するでござる。
煩雑な計算など、なにもございません、非常に簡単なことで、無利息キャッシングをなるべく利用するでござる。
例えばシンキのノーローンなどは何度でも無利息でござる。
そのほか、プロミスなどのように初回限定で30日間無利息で借りることができるキャッシングも存在するでござる。


~無利息キャッシング以外のコツ~

もし、無利息が厳しい場合は、少しでも安い金利で借りることが理想でござる。
しかし、それは審査結果に応じて、変わることもあるので、なかなか簡単なことではないでござる。
そこで次に大事な点はしっかりと返済計画を立てた借り方をすることでござる。
なぜなら、何も考えずに手当たり次第に借り続けてしまうと、すぐに息づまるのが目に見えるからでござる。
必要なお金が8万円なのに、キリがよく10万円を借りてしまう者は拙者が成敗してしんぜよう。
必ず最低限の金額の抑えるよう習慣づけるでござる。
そして、返せるときにすぐに返すのでござる。
無借金状態が一番好ましいのは間違いでござる。
消費者金融や信販会社、銀行カードローンなどのキャッシングでは、限度額の大きさ・最低利率の安さ・審査&融資スピードの3つがスペックとして取り扱われることが多いが、本当に大事なのは、無駄なく借りて、素早く返すことでござる。

また、つまらぬ説法をしたでござる。
いざ、さらば。

借りやすい裏技と上限アップの裏技

止むを得ん
へっくしょん
天下御免のキャッシング侍
風邪を引いたでござる


~キャッシングに裏技がありんす~

キャッシングの利用には裏技と呼べるものもありんす。
その1つが無利息期間を利用した利息の削減でござる。
キャッシングを行っている会社の中には月に1回などの条件で一定期間無利息で借り入れを行えるものがありんす。
そのため、無利息キャッシングを行っているノーローンなどから限度額ギリギリまで借り入れを行ってB社に返済し、その後無利息の期間内に他社から借り入れを行ってノーローンに返済します。
手間はかかりますが、こうすることで毎月の利息を削減できます候。


~限度額引き上げの裏技がありんす~

別のキャッシングの裏技として、限度額引き上げの審査に通りやすくする方法がありんす。
返済能力が足りていると見せるには前倒しの返済が有効になりんす。
また、利用も途中で途絶えるよりも定期的な方が印象が良くなりんす。
そのため、限度額の引き上げを行いたい会社から問題なく返済できる少額の借り入れを行い、繰り上げ返済によって早期に完済する、ということを繰り返すと審査の際にプラスの印象を持たせやすくなりんす。


~最終奥義でござる~

あまり勧められぬ裏技としては収入や他社借り入れ額の誤魔化しでござる。
給与明細は統一されたフォーマットがないので偽造しても通ることがありんす。
他社借り入れについても細かく調査しない会社もあり、誤魔化すと審査に通りやすくなることがありんす。
ただし、これを行った場合、万一返済できずに自己破産に陥ったときに虚偽の申請をして借り入れたことから免責が認められなくなる危険性がありんす。
審査はその人が安全に利用できるかを見ており、これを誤魔化すと自身にリスクが返ってくるので適切ではありませぬ。


~利用体験談を参考に~

みなさんがキャッシングを利用されるときは、利用する金融機関をどのように選びますでござろうか。
キャッシングは金融商品であるため、どうしても金利以外のサービス面での差別化は図りにくく、使い勝手の良さといったハード面での差でしか比較をすること困難でござる。
そこで、おのおのがた、金融機関を選ぶときに大事になるものが、キャッシングの利用体験談でござる。
実際にその金融機関を利用した方の体験談であれば、自分の置かれた状況と照らし合わせてはたして本当に自分に合っているのかどうかを簡単に知ることができるでござる。
また、ここが使い勝手がよくないというような情報も載っていたりしますので、それらの口コミ体験談はかなり利用する金融機関を選ぶうえで大事な指標となるでござろう。
お金を借りる、ということはあまり簡単には考えられない大事な問題でござる。
少しでも良い金融機関から、安心して借りることができ、そして使い勝手もよく返済もしやすい、自分に合った金融機関を見つけるために、キャッシングの利用体験談をインターネットなどで検索してみるでござる。
きっと、みなさんにとって役に立つ情報が掲載されているはずですので、それをもとに申し込みを行いましょうぞ。

また、つまらぬ物を切ってしまった。
今宵は五右衛門風呂で汗と風邪を流すでござる
これにて後免